2019年認定

能取岬灯台

認定理由

オホーツク海に突き出た能取岬に立つ灯台。白黒の帯をまとう八角形の形は、江戸末期に来日したフランス人技師の影響が残るとされ、歴史のロマンと異国情緒が漂う。岬一帯はひらけた牧場になっていて、春から秋にかけて放牧される牛や馬の姿に癒される。そして真冬の景色も魅力的だ。水平線に広がる流氷、雪化粧をまとう知床連山、青く静かな空。その神秘的な美しさは、恋に落ちたときのように見る人の心を奪うだろう。

灯台データ

所在地
北海道網走市
灯台の高さ
21m
灯りの高さ※
57m
初点灯
大正6年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

認定灯台

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州