2018年認定

美保関灯台

認定理由

島根半島東端の地蔵崎の先端にある灯台。山陰最古の石造りの姿には風格が漂う。岬からは勇壮な日本海が広がり、晴れた日には遠く隠岐の島が望める。灯台の近くには、恵比須神を祭神とする美保神社があり、そこから彿谷寺までの通りには、雨に濡れると淡い青色に変化する石が敷き詰められ「青石畳通り」と呼ばれている。海の青と地の青、ロマンスブルーを思わせる神秘的な場所で、恋の散歩を楽しみたい。

灯台データ

所在地
島根県松江市
灯台の高さ
14m
灯りの高さ※
82.9m
初点灯
明治31年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

認定灯台

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州