2018年認定

経ヶ岬灯台

認定理由

京都府最北端、丹後半島の断崖に建つ重厚感ある灯台は、明治31年の建設当時からある日本最大級の第一等フレネルレンズの美しさも特徴だ。展望台からは棚田や日本海にそそり立つ断崖絶壁が望め、その最果ての風景に心を奪われる。経ヶ岬には、岬に棲みついた悪龍を文殊菩薩が長い戦いの末に善竜に教化したという伝説がある。絶景と神話という、古都とは異なる顔を持つ「海の京都」は、恋する相手にも秘められた魅力があることを教えてくれるスポットだ。

灯台データ

所在地
京都府京丹後市
灯台の高さ
12m
灯りの高さ※
148m
初点灯
明治31年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

認定灯台

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州