2018年認定

角田岬灯台

認定理由

山裾に立つ灯台への道のりは平坦ではないが、遮るものない岬に辿り着けば真っ青な佐渡海峡が広がり、見る者の心を奪う絶景が待っている。灯台の足元には、源義経が奥州平泉に逃れる際に、舟とともに身を隠したと伝えられる洞穴「判官舟かくし」があり、眼下には水平線に沈む美しい夕日が望める絶景ポイントの角田浜が広がる。岬に隠された険しい洞窟道と、心を安らげる風光明媚な海辺のコントラストは、まるで甘くせつない恋の世界を表すかのようだ。

灯台データ

所在地
新潟県新潟市
灯台の高さ
12.6m
灯りの高さ※
49.7m
初点灯
昭和34年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

認定灯台

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州