鶴御埼灯台

認定理由

九州最東端に位置する海抜200mの絶壁に立つ灯台。
周囲は自然公園であり散歩には絶好のスポットになっている。
高台にあるパノラマ展望ブリッジからは、鶴御埼灯台を眼下におさめた、その先に広がる豊後水道までも見渡せる素晴らしい景色を眺めることができる。
大正時代から要塞施設だった鶴御崎の歴史に想いを馳せながら、今も昔も変わらない美しい海を眺めると、生きることの愛しさと切なさ、そして勇気がこみあげてくる。

灯台データ

所在地
大分県佐伯市鶴見大字梶寄浦
灯台の高さ
14.5m
灯りの高さ※
197m
初点灯
昭和56年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

灯台周辺の素敵な情報を地域の方々がピックアップ!
「恋する灯台」オススメコースを巡ろう!

PDFをダウンロード

(1.41MB)