2016年認定

角島灯台

認定理由

白い砂浜とエメラルドグリーンの海があり、日本海とは思えない南国のような光景が広がる角島にある灯台。
明治9年に初点灯した総御影石造りの洋式灯台で、140年以上経った現在でも現役で点灯しており、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台のひとつだ。
らせん階段を昇れば、目の前には360度のパノラマ風景が広がる。
楽園のようなどこまでも続く青い空と海は、恋する2人に見てほしい絶景だ。

灯台データ

所在地
山口県下関市豊北町大字角島
灯台の高さ
29.6m
灯りの高さ※
44.7m
初点灯
明治5年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。

灯台周辺の素敵な情報を地域の方々がピックアップ!
「恋する灯台」オススメコースを巡ろう!

PDFをダウンロード

(1.51MB)