2018年認定

鴎島灯台

認定理由

西洋の小さい古城を連想させるような独特のフォルムを持つ灯台。島には「義経の馬岩」や「弁慶の足跡」などの伝説があり、対岸にある江戸末期から大正時代の建物が建ち並ぶ懐かしい街並みや、岸辺に浮かぶ幕末の軍艦「開陽丸」とともに歴史のロマンを漂わせる。そして、灯台から望む眺望は静謐で、特に黄昏時から夕闇に変わる空、海に浮かぶ漁り火は時間が経つのを忘れさせる。その美しい風景を眺めれば、2人の恋の翼も広がりそうだ。

灯台データ

所在地
北海道檜山郡江差町
灯台の高さ
12m
灯りの高さ※
36m
初点灯
明治22年 ※昭和26年改築

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。