2016年認定

城ヶ島灯台

認定理由

太平洋を望む景勝地に立つ灯台。晴れた日には伊豆大島や富士山も視野に入る雄大な景色が広がる。
その歴史は古く、江戸時代につくられたのろし台まで遡る。
その後は灯明台、かがり火と形を変えながら、明治時代にフランス人技師の設計により西洋式の灯台となった。
ふもとにはレトロな雰囲気を持つ商店街が立ち並び、歴史を感じさせる灯台の姿とあいまって、時代を忘れてしまいそうになる叙情的なスポットだ。

灯台データ

所在地
神奈川県三浦市三崎町城ヶ島
灯台の高さ
11.5m
灯りの高さ※
30.1m
初点灯
明治3年
※大正12年倒壊 ※大正14年再建

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。