2017年認定

足摺岬灯台

認定理由

灯台がある四国最南端の足摺岬は絶景の太平洋を望み、展望台から見える大パノラマは地球の丸さを実感できるスポットだ。そして歴史の痕跡が色濃く残る地域でもある。弘法大師にまつわる不思議な伝説が多くあり、明治維新や国際交流に影響を与えたジョン万次郎の出生地であり、戦時中に設置されたレーダー基地の痕跡が今なお残る。戦時中に機銃掃射を受けた灯台は昭和35年に建て替えられたが、引き継がれた灯は過去から未来へと続く悠久の時を表現しているかのようだ。

灯台データ

所在地
高知県土佐清水市
灯台の高さ
18.1m
灯りの高さ※
60.6m
初点灯
大正3年

※灯りの高さとは、平均海面から灯りまでの高さ。